読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uporeke's diary

苔を見ています http://www.uporeke.com/book/

追い求める男

今週はレコードを50枚ほど処分することにしました。自分で買ったものが思いのほか多く、レコードプレイヤーが壊れてから10年以上聞かずに放っておいたもの。学生時分に東京に出てきた時にはすでにCDが主流でMDプレイヤーが流行りだした頃でしたが、まだわずかばかりレコード屋がありました。住んでいた町にも駅前に小さなレコード屋があり、バイト代が入るとつい透明な扉を開けて30分くらいはレコードやCDを漁ったものです。

 

#143 旗の台「鳥樹」

#143 旗の台「鳥樹」

 

 ※むかし、上記でバイトしてました……。

 

今でいうところの「ぼっち」であったわたしは、Jazzとの出会いも基本的には書籍で紹介されているもの。当時は寺島靖国さんの本をよく読みました。マニアックで偏りのある物言いが今も昔も大好きで、何せ家にオーディオ専用の電柱を立てた先駆者ですから偏り具合は相当なもの。とはいえ歌心のある選曲でしたし、探しても見つからないようなレア盤ばかりでもないので、Modern Jazz QuartetやKenny Dorhamなどを知ることができたのは、今のささやかな趣味につながっています。

 

Quiet Kenny (Reis)

Quiet Kenny (Reis)

 

 

それまでメタル音楽ばかりを聴いて疲れた耳にJazzはたいそう心地よく、この心地よさをもっと求めたいという気持ちが民族音楽アンビエント系、プログレッシブロックにつながったのはさておき。それでもJazzというジャンルを聴くのならば無視できない人がいました。Charlie Parkerです。今とちがって明確なコンセプトにもとづくアルバムがほとんどなく、選集といった感じのアルバムばかりでした。2分程度の曲がほとんどで、すごく吹きまくっているけど、好きかどうかと問われると……誰も問う人がいなくてよかった。当時公開された映画も見ましたが、それで好きにつながるわけでもなく。今でも音楽というよりは、猛々しい一陣の風という印象のままです。

 

ナウズ・ザ・タイム+1

ナウズ・ザ・タイム+1

 

 

Charlie Parkerを聴いてから10年もたたないうちにラテンアメリカ文学にはまり、そのきっかけはコルタサル『悪魔の涎』文庫本でした。ここにはコルタサル畢竟の一作「追い求める男」が収録されています。これも読んだ当初は他の作品とのギャップが大きく、Charlie Parkerが題材と聞いてさもありなんと思ったものです。技巧よりも感情のうねりのようなものが直接ぶつけられるような気がして、読んでいて心地よさがない。それでもなぜか目は文章を追いかけてしまうのです。こういう好きではないのに読まずにいられない、聴かずにいられないものばかりをいつの間にか自分が追い求めるようになっていました。この先もずっと手に入らないもの(おおむね美しいもの)を追いかけるだけの生活なのだろうと思います。

 

悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)

悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)

 

 

田中美穂『わたしの小さな古本屋』

 

わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)

わたしの小さな古本屋 (ちくま文庫)

 

 

本に関する本というのが苦手です。話題になった講談社学術文庫『本を読む本』もさっぱり理解できず、まして古本屋さんが書いた本というのはToo muchな印象が読む前から感じられます。本の中身について話すのは好きなのですが、わたしは本自体をあまり愛していないのかもしれません。1000冊近くあった本も200冊くらいにまで減らしてしまいましたし。先日訪れた書店Titleでは豆本が展示されていてワークショップの案内もありましたが、自分で本を作るというのが考えられず、何かについての本を作りたいという欲求がないことにも気づかされました。なのに編集者を志望していたというのは、甚だしく己の分というのをわかっていなかったのだと思います。今でも自分の分なんてわかっていませんが。

二十歳そこそこで古本屋をはじめ、郵便局のアルバイトなどを掛け持ちしつつ、親族の死を転機に古本一本に絞って細々ながらも確実に続いているのは地道な努力の結果なのでしょう。人は複数のことに手を出すとなかなかうまくいかないようで、退路を断って一つのことに集中すると道が開けるというのはある種の真理なのかもしれません。生き方は不器用に見えますが、手先の器用さや独特の審美眼を活かして、書店内ライブや苔グッズの販売などただの古本屋には収まらない。また、何より周囲の人がいい。周囲の人がいいというのは本人がよくなければ決して集まってくれないものです。人に「おもしろい」と思われるからこそ、同業者のみならずミュージシャンや学者などが訪れるお店に育ったのでしょう。

苔の先達というつもりで読み始めましたが、古本屋ならではの(かなり独自ですが)苦労や楽しみ、「おばあさん」のような日常が描かれており、ほっと安心できるお店なのだろうと文章からも伝わってきます。個人的に岡山は未上陸の地なので、近いうちに苔観察に絡めて訪れてみたい場所です。

リニアモーターカーはわたしたちの税金を蝕むことまちがいなし 『リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」』を読んだ

 

リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」 (集英社新書)

リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」 (集英社新書)

 

 

子どものころ、リニアモーターカーは夢の乗り物でした。新幹線より静かで早くて安全。そう教わってから大人になって忘れた頃にリニアモーターカーが復活するという話になったのが2007年。税金は投入せずJR東海単独で作るということで民主党政権時代に認可が下りたにも関わらず、結局は政府の財政投融資を利用することになりました(「リニアのJR負担、5千億円減 国交省試算、財投活用で」)。2017年1月現在、すでにトンネルを掘り始めています(「県道の四徳渡トンネルで掘削作業開始」)。個人的には大規模な自然破壊につながるリニアモーターカー建設には反対です。しかし、単に自然破壊だけが問題なのでしょうか? これから賛成派・反対派両方の本を数冊通して読むことで、リニアモーターカーが環境・経済・安全などの面でどんな問題を抱えているのか調べていこうと思います。そもそも、JR東海のサイト自体にリニアモーターカー建設について説明する気持ちが少しも感じられず、何か後ろめたいことがあるのかと勘ぐってしまいます。

1冊目は橋山禮治郎『リニア新幹線 巨大プロジェクトの「真実」』で、この方はリニアモーターカー建築反対派。新幹線でいいじゃないか、というスタンスです。著者は「経済性」「電力消費量」「安全性」の面からリニアモーターカープロジェクトが失敗につながると論じています。数字に裏打ちされた論考で、過去にはドイツも検討した末にやめていると聞くと、早さだけのために9兆円もの巨大プロジェクトを推進するというのは子供じみた世迷い言に思えてしまいます。

「採算がとれない」

JR東海の山田佳臣社長(当時)が「リニアは絶対にペイしない」と断言してしまうくらいに採算の見通しがたっていないらしい。プロジェクトにかかる費用もさることながら、リニアモーターカーという新しい規格は他の路線に転用できない、転用するにはJR東海くらいに余裕がないと難しいわけです。

もちろん人口減の問題もあります。大阪まで開通する2045年くらいには日本の人口が1億人以下になると言われています。単純に国内利用者数が減ると予想されているのに、JR東海や他の自治体は利用者数が増えると仮定して見積もっている。東海道新幹線の利用者がリニアモーターカーに移行するというのが理由らしいですが、だとしたら東海道新幹線の採算はどうなるのか。

本書では川崎と木更津の間を通っているアクアラインが計画の38%しか利用されておらず、1日あたり1億円を超える赤字を出しているそうです(!?)。しかも民間会社が主導で建築したにも関わらず、開通直前になって責任を放棄したことで国が肩代わりしているとか。リニアモーターカーも同じ轍を踏まないようにしてほしいものです。

「電力がすごい」

別に原発を必ずしも建造する必要はないと思うのですが、それでもリニアモーターカーを動かすには原子力発電所3~5基程度の電力が追加で必要になると言われています。東日本大震災でさんざん節電が必要と言われてからたった数年しかたっていないのに……。日本の電力が余っているとでもいうのでしょうか? これについてはJR東海が明確な数字を出していないので、本当にそれだけの電力が必要になるのかはわかりませんが、少なくとも新幹線の3〜5倍の電力を使うことはまちがいなさそうです。

「安全が確保されていない」

本書では電磁波が身体に与える影響について強く懸念されています。個人的には総務省が発表している電波の人体に対する影響に書かれている「熱作用」「刺激作用」以外に証明されていない健康被害について、わたしは不安に感じていません。リニアモーターカーの実験線に乗って体調を崩した人いませんよね? いわゆる左といわれる某党にも言えることですが、科学的な論拠が曖昧なところを攻めるのは得策ではないと思います。

ただ、地震などによるトラブルの際にどのように安全を確保するかということはとても気になります。ほとんどの路線がトンネルになりますが、5~10kmの間隔で地上へ出られる階段がもうけられるそうです。「運転士がいない状態で大きな地震などが起きた場合、操作はどうなるのか?」「トンネル内で立ち往生した場合、どうやって脱出するのか?」などについて懸念事項としてあげられています。トンネルから地上へ出られたとして、山梨や長野の山中に放り出されることになり、乗客はそこからどのように救出されるのかも気になるところです。夏ならまだしも、氷点下の冬に救助が来るまでずっと地上で凍えていなければならないとしたら、事故で死ななくても遭難の憂き目に遭うわけです。

本書では触れられていませんでしたが、2045年に大阪へ開通するまで名古屋より遠くに行く人は新幹線に乗り換えが必要になります。40分で名古屋に行けたとしても新たに新幹線に乗り換えなければならず、2つのきっぷを予約しなければならないなら、東京や品川から新幹線「のぞみ」に乗り続ける方がトータルでは早いかもしれません。ちょっとめんどくさい。

調べれば調べるほど赤字や危険しか予感できないリニアモーターカー。今のところ賛成派からは(根拠の薄い)地域振興くらいしかメリットを感じられないので、早く納得できる意見をききたいものです。

収納はひらめき。元の用途とちがう無印良品小物2アイテムの意外な近い道

無印良品のアイテムで最近気になったものがありいくつか購入しました。

一つ目は「アクリル小分けケース5段」女性用小物の場所に売っているので普段は見かけないのですが、ぼんやり歩いていたら変な形だったので手に取ってみました。高さ2cm×半径1.5cm程度の円筒が5つねじになって重なっています。こんな小さい容器に入れるもの……、苔! 折しも千葉県立博物館の顕微鏡勉強会でいただいた苔があり、紙に包んだまま保存しておくのもちょっと邪魔と思っていたところでした。ツノゴケのように長い蒴があるとはみ出してしまいますが、顕微鏡で観察するくらいの分量だとちょうど収まります。200円ちょっととお値段も魅力。観察に行くときにサンプルを収納するのにも使えそうと思ったけど、メモれないのが弱点。付箋を工夫すればなんとかなるか?

www.muji.net

f:id:uporeke:20170208203121j:plain

もう一つは本に関するアイテム。普段「ポスト・イット 見出し 25x7.5mm」を本の見返しにつけておき、気になるところに貼るようにしています。この付箋がとても小さいため、そのまま鞄のポケットに入れておくとバラバラになってしまうので、鞄に入れるのは躊躇していました。そうすると、忘れた時に付箋が貼れないという悲しいことがたびたびあり、ちょっとしたイライラをため込むことになるのです。そんなときに無印良品の女性用小物の場所にあった「ヘアピンケース」を見つけて考え佇むことしばし……、端から見ると怪しい光景。これに付箋を入れればいいのでは。厚さ長さともちょうどこのポストイットにぴったりで、5〜6セット入ります。鞄のポケットに入れておけば、いざというときにすっと取り出して付箋を補充できる。個人的に5年くらい続いていた悩みが解消してとてもうれしい! 

f:id:uporeke:20170205172753j:plain

ポスト・イット 見出し 25x7.5mm 100枚x混色10個 715RP-K

ポスト・イット 見出し 25x7.5mm 100枚x混色10個 715RP-K

 

 

www.muji.net

掃除や片付けがすごく苦手なので、時にこうやってうまいやり方を見つけられると舞い上がってしまいます。細かいものは散乱しがちなので、ちょっとした収納ケースが役に立つことに気づけたのはいいのですが、今度は収納ケースが散乱することになりそう……。

和歌は文法とかすっ飛ばして共感するのが大切

f:id:uporeke:20170104092552j:plain

苔を見るようになってから自然全体にも目を向けるようになりました。木や草花の名前を気にするようになると、どの季節にどんな話が咲くのか調べたりもします。冬は花なんて咲かないかと思ったら梅があるし、今の時期は蝋梅もほのかに甘い香りを漂わせています。そういう自然をそのままとらえた文学って最近はあんまりなさそうだし、長い小説で自然を描写されてもちょっと退屈かもしれません。そんなことを考えながら前から気になっていた塚本邦雄が和歌に関する批評をする本『秀吟百趣』『王朝百首』などを手にとって、「あ、和歌は自然を文学にしているわ」と気づきました。国文科出身なのに、いまさら。

秀吟百趣 (講談社文芸文庫)

秀吟百趣 (講談社文芸文庫)

 

塚本邦雄が「秀歌」とするのは、自然の描写と人間の心理が融合する和歌です。よく万葉集は素朴、古今和歌集は「たをやめぶり」にして歌集の最高峰、そして新古今和歌集本歌取りなどの技巧や「余情妖艶の体」などの描写に特徴があるとされます。しかし、学生時代にそんなことを習っても男女の仲なんてまだよく分かっていないぼんくらには、ただの記号でしかありませんでした。今だって進研ゼミの「万葉集と古今和歌集,新古今和歌集の違い」を読んでもさっぱりわかりませんし、つまらない。歌集のちがいなんて国のちがいと同じようなもので、収められている歌は国の中の人のようなものです。全体として傾向はあるかもしれないけど、一つ一つはみんなちがう。それをまとめて学ぼうとすると大層退屈だし誤解だってたくさん生まれます。どんな歌集の中にも自分に響く歌と響かない歌がある。音楽のアルバムだって同じように。

Wikipediaによると新古今和歌集があまり取り上げられないのはアララギ派筆頭正岡子規がけなしたせいだといいます。それを北原白秋が取りなそうとしたのだけど顧みられなかったのは、二人の信用の度合いがちがったのでしょうか。個人的には万葉集はバッハ、古今和歌集モーツァルト新古今和歌集ベートーヴェンかと思います、と言い切りたいのだけど万葉集はバッハほど整ってないのでバロックというくらいのおおまかさでしょうか。古今和歌集は歌の数1111、独特の平坦さとキャッチーさがモーツァルトぽいなあと思います。キャッチーすぎて「これ前にも読んだ?」という不安を覚えるほど。

The New Complete Edition: Mozart 225 (German Version)

The New Complete Edition: Mozart 225 (German Version)

 

 古文の先生に怒られそうですが、和歌を読むときに文法や訳にこだわりすぎるのはイメージを妨げるような気がします。日本語をある程度こなす人なら古文の意味もそれなりに分かるでしょう。もちろん、現代語と古語で同じ音でも意味が異なる語句もありますから、そういうのは区別しないといけない。そういうのは1冊くらいちゃんとした参考書を読めばなんとかなるはず。

古文の読解 (ちくま学芸文庫)

古文の読解 (ちくま学芸文庫)

 

いま一番おもしろいのは藤原定家が選んだ百人一首を「これはいまいちな歌が多いから選びなおします」とマイ百人一首を選ぶ人。手元にあるのは塚本邦雄『新撰 小倉百人一首』や丸谷才一『新々百人一首』ですが、最初に影響を受けたせいもあり塚本邦雄の選歌眼には驚かされ学ぶところばかり。埋もれていた歌がいかにすばらしいかを語る一方、文末では既存の百人一首を徹底的にけなす。ちょっとむきになるくらいが愛情が伝わってきます。このくらい対象について愛を持って語れる人に、死ぬまでにはなれるかしら。

新撰 小倉百人一首 (講談社文芸文庫)

新撰 小倉百人一首 (講談社文芸文庫)

 

 

「この世界の片隅に」にはありのままの戦争の日常があった

わたしの父は昭和一桁の生まれで、海軍予備員だったと自称していました。本当かどうかは分かりません。ただ、わたしが育った時期というのは「戦争を知らない子どもたち」が親になった世代で、そろそろ太平洋戦争の肌感覚がなくなってきたのだと思います。

小学校高学年になって図書館のおもしろさに気づいたわたしはたくさんの本を手に取るようになりましたが、当時はまだ残酷さが朧気な快感としか思えないほどの幼さでしたので、本来手に取るべき児童文学をうっちゃって太平洋戦争や三国志などに目覚めつつありました。そこで出会ってしまったのが、ほるぷ平和漫画シリーズです。わたしだけでなく当時の同級生の間では「『沖縄決戦』読んだ?」というように、劇画で描かれるリアルな死体描写を読めるかどうか、一種肝試しのようなところがあったと思います。

 そういう漫画を読み続けてあるとき突然太平洋戦争関連の書籍や漫画を読むことができなくなりました。残酷さを求める欲求は依然として続いていたのですが、それはスティーブン・キングラブクラフトのようなフィクションとして消化されていきます。過去の悲惨さに直面できるほどの心根がなかったのかもしれません。

ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))

ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))

 

 

興行成績や主演の方の境遇が取りざたされる「この世界の片隅に」ですが、作中のふつうの生活が戦争によって一瞬で破壊される描写、死が当然のように目前にある状況を克明にかつデフォルメをいれつつ描いたところがすごかった。日本の木造家屋を焼き尽くすために作られた焼夷弾という存在を知っていても、それがどのように飛んできてどのように家屋を燃やすのかはこの映画で初めて知りました。見ていると次第に映画に描かれていないことにまで想いが派生してしまうのです。焼夷弾を作ったアメリカ人はどのように家屋を燃やすのか理解していたのだろうか、家屋が燃えた後の人々の哀しみや怒りを想像しながら作ったのだろうか。

焼夷弾 (1944年) (科学の泉〈16〉)

焼夷弾 (1944年) (科学の泉〈16〉)

 

 人間が繁殖して他者を侵害していくことの傲慢さというのも大きく扱われていたように思います。それは太平洋戦争という国と国との争いから、主人公が呉に嫁入りしてコミュニティの一部となって浸蝕されていくマクロな視点まで、社会というのはそういうふうに成り立っていたのでしょう。そこから2017年まで短いようで長い年月の間に、人々は学び続けて、でも時々大切なことを忘れてしまったりする。本作で描かれるありのままの戦争の日常は楽しいようでいて、でも本当はこうであってはならないことばかりで、個人の可能性が戦争で阻害されることはあってはならないことだと改めて感じました。

原作を読むのはもうちょっとこのつらさが癒えてからにしようと思います……。 

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

 

 

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

 

 

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

 

 

初プロテインはかなりおいしくて癖になりそう

以前いっしょに働いていた20代中頃の男性が、労働が終わってからプロテインを吞むことを習慣にしていました。「うまい?」「まずいです」というシンプルなやりとりから、プロテインはまずいものという思い込みができてしまい、自分で摂取することはありませんでした。

あれから数年。曲がりなりにもWeb関連の仕事をしているのでいろいろ試す一環としてAmazonプライムに入りました。ボタンを押すだけで食料が届くなんてすごいSFぽいと思いつつもシリアルなんて食べないので使っていません。しかし、安いとなれば別。プライムアプリは初回に限り5000円以上買うと2000円割引なのです。

Amazon Prime Now

Amazon Prime Now

 

 話は変わって去年は雨が多かったので、数年続けてきたジョギングがかなり疎かになってしまいました。雨に降られて風邪をひきたくないのです。そのためせっかく2kg落とした体重が元に戻ってしまった。これではいけないと新年の暖かさを利用して休みの日は8kmほど走るようにしています。すごーく遅くて1km6分ペース。がんばっていいタイムを出すよりも、怪我をせずに健康を維持できるくらいの運動が目的です。苔を見るためにはしゃがんだり身体をねじったりしなければいけないので、ある程度痩せていないとつらい。年齢なりの平均体重は維持したいところ。

そこでジョギングついでにプロテインを吞んだらより効果が出るかもしれないとプライムついでに買うことにしました。お相手は有名どころのザバス

ザバス ホエイプロテイン100 チョコレート味 【50食分】 1,050g

ザバス ホエイプロテイン100 チョコレート味 【50食分】 1,050g

 

 まずいと聞いていたのでせめて牛乳でごまかそうと思います。牛乳150ccに商品についている計量カップで3杯のプロテイン。けっこう多い。スプーンで混ぜるとちゃんと溶けてくれたので一安心。吞んでみると往年のミロを彷彿させるかなり甘いチョコレートの味。いや、全然まずくないですおいしいです。これは続けられそう。甘い物が好きならこのプロテインを吞むために運動するというモチベーションにさえなるかもしれません。

どんな効果があるのか分かりませんが、とりあえず50食分がなくなるまでは走って吞んでを繰り返してみようと思います。痩せるといいな……。