読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uporeke's diary

苔を見ています http://www.uporeke.com/book/

個人的にカメラ元年の2016年に買ってよかったもの

数年間いろいろあって鬱屈していたけど、今年は職場が変わって自分の環境もいろいろ変化があった。成人してから2番目に大きい変化の年だったかもしれない。1番目はにゃんこ先生が家に来たときです。去年の暮れから断捨離に目覚めていろいろ捨てたけど、猫が死んで猫関係のものも不要になり、ますます捨てるものが増えた。なんとなくにゃんこ先生が「もういいよ、どんどん片付けなさい」と言っているように思える。年末には約5000円分の粗大ゴミを出す予定。それでもまだレコードやビデオや本が残っているのだから、この14年でどれだけのものを増やしたのだろうと思う。

f:id:uporeke:20130614232404j:plain

ものを増やさないようにしたいと普段から思い続けているので、今年買ったものは基本的に買い換えが多い。そして人生で一番買い物した年だと思う。

iPhone SE

iPod touchiPhone3GSiPhone4SiPhone5Sと使い続けてきて、数年前にiPhone6が出ました。次の買い換えはいよいよ大きい筐体にしなければいけないのか……と落胆していたところ、調べてみたらiPhone SEという小さいタイプがまだ販売していることを知る。バッテリーが少なくなりアプリの動作にも衰えが見られていたiPhone5Sから一気に進化した感じ。手が小さいサイズの人、最新機種にこだわりがない人、何よりMacユーザーにはお勧めです。動画を見たりゲームをする人はiPhone7など画面が大きい方がよさそうです。

【Spigen】 iPhone SE ケース

 これまで基本裸族ですごしてきたのですが、先々代は海に落とし、先代は山で落として背面カメラ周辺が粉々になったまま使い続けた経験から、服を着ることを決意。ケースの条件としては「プラスチックでない」「丈夫」「5000円以内」で探したところ、Spigenの製品がヒット。


ゴムの感覚が堅すぎず柔らかすぎずで、手のなじみがいい感じ。一度だけ蹴躓いたときに石の床に派手に落としてしまいましたが、まったく傷はつきませんでした。ボタンなども操作しやすく邪魔にならないので、これはお買い得。強いて言えば背面のロゴが目立たない色とはいえ気になる。個人的にテキストロゴが入っている商品は買わないことにしています。

楽天モバイル

item.rakuten.co.jp

家計の一番の敵がソフトバンクだった。ほとんど電話しないのに毎月必ず1万円前後かかるのはおかしいとずっと思っていたけど、キャリアを変えるのは躊躇われる。一つにはGPSの精度。山に行く時は必ず「山と高原地図」アプリを起動している。これとモバイルバッテリーがあれば濡れたり落としたりしない限りはまず道に迷うことがないのだけど、キャリアを変えたらGPSの精度が下がるのではないかという心配があった。もう一つはMMS機能がないのでiPhoneの「メッセージ」アプリがiPhone同士でないと使えなくなること。メールアプリと異なり、着信音を個別に設定することができたので便利だったけど、iPhone以外の人とのやりとりには使えなくなった。

いざ変えてみたらGPSは問題なし。メッセージアプリは諦めました。結局割り引いても月額が6000円以上安くなった。6000円のためにMMS機能を保持しているなんてちょっとばからしい。さらに楽天電話を使うようになって5分以内の通話が無料になり、二次会の予約にばかり使っている電話代が減って二度嬉しい。

denwa.rakuten.co.jp

オリンパス OM-D E-M5 Mark2

 

 

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

 

 

 

今年一番大きい買い物がこれ。10万円以上の買い物なんていつ以来だろう……。Macbook買うときくらいか。今回はレンズも2本買ってしまったからね……。IYHHHHHHH!

数年前まではカメラはiPhoneで十分と思ってきましたが、苔を見るようになってから高性能のカメラがほしくなりました。フィールドで一度見つけても、3歩歩けばどこにあったかわからなくなるくらい苔は小さいものです。写真に記録して画像とGPSとの連動でおおまかな場所がわかるようになり、肉眼では見えないような小さな苔も見ることができるようになります。何より、ほとんどの人が目にとめない苔という植物を画像にして公開することで共有化したいという願望がある。見えないものを見えるようにするための道具として、このカメラとはずっとつきあっていきたいと思います。

世界にはまだまだいいカメラがたくさんあるのはわかっています(特にSIGMAのsd Quattro Hはじっくり三脚を構えて撮る必要がある苔にはよさそう……)が、たぶんこのカメラ一台とレンズが数本あればわたしの用には十分。3年くらいは今ある機材だけで苔につきあっていきたいと思います。個人的には操作メニューが他社に比べて見やすく感じるところもポイントです。

個人的に今年は写真元年。できれば猫が元気な間に撮ってやりたかった。このカメラを買った時にはすでに口内炎の悪化が始まっていて顔が腫れてしまっていたので。

Adobe Photoshop/Lightroom

 

 

これまでMac付属の「Photos」アプリを使っていたけれども、ミラーレスを使うようになってからちょっとした写真にも気を遣いたいと思い購入。年末にAmazonのセールで年間パスが9800円まで値下がりするので、買うなら今がチャンスかも。普通に毎月支払うと12000円を超えてしまう。

写真管理がやりやすいというのはもちろんだけど、撮った写真が今ひとつの時にさっと効果をかけて色や光を調節できるのがLightroomのいいところ。さらにフォーカスブラケット撮影の写真をまとめてPhotoshopに送り込むことで深度合成も簡単にできる(個人のマシンパワーによります)。RAWデータも扱えるし、ちょっと高いけどきれいな写真が撮りたいという人は一年くらい体験してみる価値のあるソフトです。

今年はかなり散財したので、来年は倹約の年にしたいけど、夏に引っ越しが待っているので、また出費が嵩む……。でも、今年のうちに機材は一通り揃えたので、来年は苔観察に邁進する1年にしたいです。